チュートリアル: ユーザーインターフェース

From Waves Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Tutorials: The User Interface and the translation is 59% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
العربية • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎Ελληνικά • ‎English • ‎español • ‎français • ‎हिन्दी • ‎hrvatski • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎ភាសាខ្មែរ • ‎한국어 • ‎Nederlands • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎தமிழ் • ‎ไทย • ‎Tiếng Việt • ‎粵語 • ‎中文(中国大陆)‎

Wavesライトクライアントのユーザーインターフェースは、可能な限りの直感性と使い易さを目標にしています。 一般への浸透を念頭におき、従来のバンキングアプリケーションのユーザー体験に通じるものを提供したいと考えています。 以下に、現在のユーザーインターフェースの詳細な解説を試みます。

Walletタブ

Lite Client Starting Page.PNG

ライトクライアントでアカウントにアクセスした際のスタートページです。ここにはWAVES、Bitcoin、フィアット通貨の残高が表示されています。 また、アカウントアドレスに関連する最新の10トランザクションも表示されています。 トランザクションリストの右端にある小さなアイコンから、送信者アドレス、受信者アドレス、トランザクションID、ROWデータをクリップボードにコピーできます。 アイコンが並んだナビゲーションバーも表示されています。これについては、また後で解説します。 中央のトップに、アカウント毎のWavesアドレスがあります。右にある小さなアイコンをクリックするとアドレスをクリップボードにコピーできます。 アドレスの右には、Wavesブロックチェーンの現在のブロックハイトもあります。 右上には、設定やバックアップなどの機能が配置されています。

"Send"、"Withdraw"、"Deposit"

Send:

名前の通り、ここからアセットを他のアカウントへ送信できます。
Withdraw: トークンをゲートウェイを経由して出金できます。 例えば、Bitcoinを出金する場合には、100%裏づけられたWavesチェーン上のBitcoinトークン(WBTC)を本物のBitcoinに交換できます。
Deposit: フィアットカレンシーやBitcoinの入金方法を説明するポップアップが現れます。 現在はBitcoinにだけ有効です。

ナビゲーションバー

ナビゲーションバーには、アイコンが並んでいます。 各タブの詳細は、また後ほど解説します。

Wallet:

ライトクライアントのスタートページです。 あなたのアドレスの概要と、関連する最新の10トランザクションが表示されます。 現在のブロックハイトとアカウント毎のアドレスも表示されます。 詳細は上述の通りです。
Portfolio: アカウントが保有する全てのアセットを表示します。Walletタブに表示されるBitcoin(WBTC)なども含みます。 このタブからアセットを送信したり、アセットについての情報を取得したりできます。
History: あなたのアカウントと関連する全てのトランザクションを参照できます。
Tokens Creation Tab: 名前の通り、ここからあなた独自のアセットを作成できます。
Community Tab: 現在は、このタブをウォレット内のブロックエクスプローラーとして使用しています。 後々は、Wavesエコシステムと関連するサイトへのリンク集へと変更する予定です。

|- |Leasing: |Here you can Lease your waves. |- |History: |Here you can see all the transaction to and from your account. |- |Tokens Creation Tab: |As the name describes, this is the place to be if you would like to issue your very own asset. |- |Community Tab: |Currently, this tab serves as an in-wallet block explorer. At a later stage, it will be changed into a collection of links to sites associated with the Waves ecosystem. |}

"Back up"、"Preferences"、"User Profile"

これらは、ライトクライアントの右上に配置されたボタンです。

Back up:

アカウントのSEED、エンコード済みのSEED、秘密鍵、公開鍵を表示し、ワンクリックで情報をコピー&ペースト可能です。 SEEDを忘れたけれど、キャッシュからアカウントにアクセス可能な場合、または紙などにバックアップを作成したい場合に有用です。
Preferences: 現在は使用できません。 アカウントの設定を変更可能にする予定です。
User Profile: 現在は使用できません。

Portfolioタブ

portfolioタブは、アカウントが保有する全てのアセットの概要を表示します。

Lite Client Portfolio Page.PNG

Asset Name:

作成時に入力したトークン名。 注意 - トークン名は重複可能です! つまり、同じトークン名のアセットは複数存在できます。 アセットの識別には、DETAILSをクリックしIdentifier(アセットID)を確認して下さい。アセットIDは重複しません。
Issuer: トークン作成者のアドレス。
Re-issuable: "true"または"false"。 trueならば、アセット作成者がトークンを追加供給可能です。追加供給した場合、トークンの総供給量が増加します。 falseならば、追加供給できず、総供給量は固定です。 注意 - re-issuableをtrueに設定して(チェックして)作成したアセットでも、追加供給時にre-issuableをfalseに設定する(チェックをはずす)ことができます。
Balance: アカウントが保持するアセットの数量。
Transfer: ここからアセットを他のアドレスへ送信できます。
Reissue: あなたがトークン作成者である場合に有効になります。 re-issuableがtrueに設定されている場合、このボタンが有効になり、ここからトークンの追加供給ができます。 追加供給時には、re-issuableをfalseに設定し直せます。
Details: 識別子(アセットID)、総供給量、作成日など、アセットに関連する詳細情報を表示します。
Mass Pay: 対象アセットのすべての保持者に対してトークンまたはWAVESを一括送信できます。送信するトークンまたはWAVESは、保有する対象アセットの比率に基づき分配されます。 この機能はdividend feature(配当機能)とも呼ばれます。

Waves Decentralized Exchange

The Waves Decentralized Exchange allows you to buy, sell or exchange every asset existing within the Waves Platform.


DEX Tab.png


Buy order:

Shows you the existing buy order.
Sell order: Shows you the existing sell order.
Trade History: Shows you the lasts matching trades.
Buy WAVES: Allows you to make a buy order.
Sell WAVES: Allows you to make a sell order.
My Orders: Shows your lasts matching trades.


When the assets don't have a green mark, double check to be SURE that's the ones you want to trade.

Leasing

Waves Leasing Window.png


Balance details:

Shows you information about your leasing balance.
Balance leasing: Allows you to make a leasing.
Leasing transaction: Shows you the history of your leasing.

Historyタブ

Historyタブでは、アカウントに関連する全てのトランザクションをリスト形式で確認できます。

Lite Client History.PNG

Date:

トランザクションがブロックチェーンに記録された時のタイムスタンプ。
Type: 送信、受信などのトランザクションの種別。 "Incoming Transfer"(受信)、"Outgoing Transfer"(送信)、"Outgoing Asset Issue"(アセット作成)などがあります。
Name: トランザクション対象のトークンの名前。
Sender: 送信者のアドレス。 "You"(あなた)またはWavesアドレスが表示されます。
Recipient: 受信者のアドレス。 "You"(あなた)またはWavesアドレスが表示されます。
Fee: トランザクション手数料として支払われたWAVESの数量。
Units: トランザクションで送信/受信されたトークンの数量

Tokens Creationタブ

このタブでは、あなた独自のトークンを作成できます。現在のトークン作成手数料は、 1 WAVEです。

Tokens creation Tab.PNG

Name:

トークンの名前を入力します。
Description: トークンの説明文、またはウェブサイトへのリンクなど、トークンの詳細を知るための情報。作成後、ここに入力された情報は変更できません。
Total Tokens: トークンの総供給量を入力します。 re-issuableをtrueに設定(チェック)すれば、作成後にトークンを追加供給できます。
Token Decimals: トークンを分割する際に使用できる小数部の桁数を設定します。 例 - 5に設定した場合は、0.00001単位までトークンを分割できます。
Re-issuable: ボックスにチェックした場合、re-issuableがtrueに設定されます。この場合は、作成後にトークンを追加供給できます。 ボックスにチェックしない場合、re-issuableがfalseに設定されます。この場合は、供給量固定になり、トークンを追加供給できません。

Communityタブ

Communityタブでは、ユーザーがWavesエコシステムと関連プロジェクトについて情報収集するための、ソースコードと関連サービスのまとめを提供する予定です。

現在は、communityタブを簡易的なブロックエクスプローラーとして使用しています。

Community Tab.PNG

Height:

現在のブロックハイトを表示します。
Date: ブロックが生成されブロックチェーンに登録された際のタイムスタンプ。
Transactions: ブロックにまとめられたトランザクションの数。
Generator: ブロックを生成したフルノードのアドレス。